2010.6.27 犬と猫と人間と

top_011.jpg

犬と猫と人間とという映画を去年見ました。そして先日DVDが発売になりました。犬猫の殺処分の現状など考えるのにいい映画です。
来年は動物愛護法改正の年、行政もごまかさないで良い方法を考えて行きたいですね。

先日保護した仔猫2頭も里親さんが見つかりました。来週新しい家族の元で幸せに暮らしてもらえます。

以下Amazonより転載

内容紹介
かわいいですか? それとも かわいそうですか? 捨てられた犬と猫をめぐる旅が始まります

町を歩けばあちこちで目にする光景があります。それは、散歩中の犬や、路地裏でくつろぐ野良猫たち――。
しかし、全ての犬と猫が幸せな一生を送れるわけではありません。空前のペットブームの影で、日本で処分される犬と猫は年間30万頭以上。一日に1000匹近くが殺されている現実があります。あなたは、犬と猫たちのことをほんとうに知ってますか?

捨てられた犬と猫をめぐる冒険が始まります
一人の猫好きのおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい」という思いから、この映画は生まれました。そして、犬と猫をめぐる旅が始まります。完成までには4年が費やされました。監督は、ドキュメンタリー映画『あしがらさん』で路上に生きる人々に寄り添った飯田基晴。犬と猫が歩くような低い視点から、人と犬猫の関係をしっかり見つめます。
映し出されるのは、鉄柵の向こうから悲しげな目で見つめる犬、行政施設に持ち込まれる生まれたばかりの子猫たち。更には、動物愛護先進国・イギリスの姿、捨てられた命を救うため奮闘する人々の苦悩。でもそんな重苦しい現実の合間に描かれる、動物たちのほのかなユーモアが心をほぐしてくれます。

犬と猫をとおして見えてくる人間の姿
動物には関心がないというひともいるかもしれません。
でも、捨てられた命を懸命に救おうとする子どもや大人の姿から見えるのは、「いのち」への愛情です。捨てる人たちも、動物が嫌いな訳ではありません。そして、動物の処分を担う人たちにもまた、愛情があります。
それは私たち人間が抱えるエゴと愛。捨てるのも人間なら、救うのもまた人間です。
「犬と猫と人間と」からは、知られざる多くの現実の先に、「かわいそう」という感傷を乗り超える、ささやかな希望がみえてくるはずです。
内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『あしがらさん』の飯田基晴監督が捨て犬や捨て猫に焦点を当てたドキュメンタリー。ペットブームの影で年間30万匹以上の犬や猫が殺処分される日本。捨てられる“命”と、彼らを救おうと奮闘する人々の姿を通して、感傷の先にある希望を映し出す

2010.6.26

今日は、お湿り程度に雨が降っています。そのためかやたらと蒸し暑い。

P1010134_600.jpg

2010.6.17

今使っているMacBookを少し高速化するためSSDに交換してみる事に。

P1010040-1.jpg

なんせ今入っているHDDは5400回転のHDDなので遅い・・・。
SSDもランダムアクセスをさせていると思ったより遅いと聞くが、今より速くなるのではと交換に踏み切る事に。
なんせ新しいマシン買う金がないもんで・・・。

交換してみて、速くなってる。まだ実用では解らないが、ファーストインプレッションはphotoshopのCS4が速くなっている。(CS5じゃないんだと言わないように。無償ヴァージョンアップのCS5はまだ届いていないので・・・。)
このまま使ってトラブルが出なけりゃいいなぁ。

2010.6.8

神保町まで打ち合わせに。
ちょっと早めに出て、久しぶりに「いもや」の天ぷら定食をかっ食らいました。カウンターだけの天ぷら専門店で激安。いや~、うまかった。

それでも、まだ時間があったのでTULLY'Sでアイスロイヤルミルクティーを飲んで時間調整。

P1010032_600.jpg

P1010029_600.jpg

暑い日ではなかったんですが、なんか湿気がまとわりついていました。

2010.6.5

Eye-Fi がヴァージョンアップしてRAWデータの転送やパソコンへ直接送るアドホック接続がで切るようになった。
アドホック接続が可能なのは Eye-Fi Pro X2 である。ちょこっと転送のテストをしてみた。

P10100261.jpg

MacBookへアドホックで直接転送。

1Ds3のRAWを転送
カードへの書き込みに5秒、転送に16秒、シャッターを切ってからパソコン画面まで21秒。
1Ds3のJpegLを転送
カードへの書き込みに3秒、転送に5秒、シャッターを切ってからパソコン画面まで8秒。
1Ds3のJpegM1を転送
カードへの書き込みに2秒、転送に4秒、シャッターを切ってからパソコン画面まで6秒。
1Ds3のRAW+JpegLを転送
カードへの書き込みに11秒、転送に19秒、シャッターを切ってからパソコン画面まで30秒。

jpeg転送でパソコンで確認には充分使える時間かな。やっぱ11n転送になっただけの事はある。

ちなみに1D4では
1D4のRAWを転送
カードへの書き込みに3秒、転送に12秒、シャッターを切ってからパソコン画面まで15秒。
1D4のJpegLを転送
カードへの書き込みに1秒、転送に6秒、シャッターを切ってからパソコン画面まで7秒。
1D4のJpegM1を転送
カードへの書き込みに1秒、転送に4秒、シャッターを切ってからパソコン画面まで5秒。
1D4のRAW+JpegLを転送
カードへの書き込みに3秒、転送に18秒、シャッターを切ってからパソコン画面まで21秒。

という結果に。
EOS Utilities などは使えないのでパソコンからカメラ操作は出来ないが、無線でデータを飛ばすにはそこそこの実力かな。カードの書き込み時間がもうちと早ければいいのになぁ。

あと、通常のSDHCより若干厚みがあるのか取り出す時にすっと出てこない時もありましたが、動作には問題ありませんでした。

2010.6.1

ボディー3台のセンサー清掃と新しい機材の登録のため銀座まで。
90分の待ち時間があり、新しい機材のストラップとファインダースクリーンを買いにビックカメラまでてくてく。
目の前に数日前に大行列が出来ていた場所を通り、ビックカメラまで。

P1000979_600.jpg

あっ、もちろん中には入りませんでした。入ってさわったら欲しくなるのがよく分かっているのでスルーするのが一番。

P1000981_600.jpg

P1000983_600.jpg

P1000982_600.jpg

しかし暑いですね。衣替えの日ですね。
プロフィール

かわかみ

Author:かわかみ
カメラマンかわかみの感じるままの写真です。
感想などあればコメントへ。

公益社団法人 日本写真家協会 JPS 正会員

随時ポートレートモデルを募集しています。かわかみに撮られてみたいと思う方は、お気軽にメールを下さい。


このブログの写真・テキストの無断転載はお断りします。

リンクはフリーです。

home Page
http://www.b-st.org/

basil_catをフォローしましょう

/

contact
kawakami☆b-st.org
☆を@に変えて送ってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク